ニキビと皮脂の関係

女性皮脂は肌を保護するために必要なバリア機能ですが、過剰に分泌されるとニキビの原因となってしまいます。皮脂の過剰分泌にもさまざまな原因がありますが、食生活や生活習慣を整える他にスキンケアによって皮脂の分泌状況を改善することも可能です。ここでは、スキンケアによる皮脂ケアでニキビ対策をする方法について紹介しましょう。

皮脂の本来の役割は、紫外線などの外的刺激から肌を守ることにあります。そのため、皮脂が肌表面に不足してくると、体が皮脂を分泌しようとします。通常であれば適度な皮脂が分泌されるところ、あまりにも肌が乾燥していると皮脂が過剰分泌されて毛穴に詰まり、ニキビが発生することもあるのです。皮脂は過剰でも困りますが、適度に分泌されていないと肌のバリア機能が失われてしまいます。

ニキビの発生原因には男性ホルモンなども関係することがありますが、肌の乾燥もありがちな原因です。皮脂のバランスを整えることが肌の乾燥を防ぐ重要ポイントですから、スキンケアでは肌水分を整えて皮脂を正常なバランスに戻すことが最優先です。皮脂が正常な状態にあれば、肌内部の水分は簡単には失われることがありません。

正常な状態の皮脂バランスを取り戻すためには、肌をやさしく扱いながらしっかり水分を補うことが大切です。十分な水分を補った後は、肌表面をカバーするために乳液やクリームを塗るようにしましょう。シンプルなケアをソフトに行うことで、肌はダメージから回復し、健康な皮脂状態になっていきます。


☆関連記事☆

  1. 皮脂本来の役割
  2. ニキビはなぜできる?
  3. 皮脂分泌を整える方法