ニキビはなぜできる?

ニキビニキビの原因として考えられることには、いくつかあります。肌のバリア機能が、コントロールを失って皮脂が過剰に分泌されてしまうこともニキビの発生原因の一つです。皮脂が過剰に分泌されるのは、肌の乾燥が関係しています。皮脂が過剰になれば毛穴に皮脂が詰まる可能性が高くなるため、ニキビができやすくなるのです。

男性ホルモンが過剰になってホルモンバランスが乱れることも、ニキビの発生に関係しているといいます。例えば女性が生理前後にニキビに悩まされやすいのも、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが台頭するのが一つの原因です。ホルモンバランスを整えることも、ニキビ予防には必要です

夏場や冬場の気候が極端になる時期には、肌のバリア機能が乱れてニキビが発生しやすくなります。冬場は大気も乾燥していますから肌も乾きやすく、夏場には紫外線の影響や冷房による乾燥で皮脂のバランスが悪くなることがある点に要注意です。急激な温度変化は立派なストレスになりますから、肌への影響に気を付ける必要があります。季節に応じたスキンケアをすることで、皮脂の機能を改善しましょう。紫外線の強い時期には、肌水分を整えたうえでUVケアをきちんとしておくのが効果的です。


☆関連記事☆

  1. ニキビと皮脂の関係
  2. 皮脂本来の役割
  3. 皮脂分泌を整える方法