皮脂本来の役割

ニキビの発生の原因にもなり得る皮脂は、とかく悪役にされがちです。しかし実は、肌にとって皮脂はなくてはならない存在なのです。皮脂の本来の役目は、紫外線などの外的刺激から肌を守るためにあります。バリア機能ですから、皮脂の量が少なくても肌トラブルを起こしてしまう可能性大です。体の中にある余分な油脂分が出てきているだけと思っていた方は、認識を変える必要があります。皮脂は、健康な肌を保つために重要な成分なのです

クリーム外的刺激から肌を守る役割を持っていることから、乾燥などで肌に皮脂が足りていないと体が皮脂を分泌させようとします。過剰に皮脂が分泌されてしまうことがあるのも、多くは肌が乾燥しているときです。そんなときに肌が脂っぽいと感じて洗顔料でゴシゴシ皮脂を洗い落としてしまうと、さらに皮脂が過剰分泌されてしまう恐れがあります。

皮脂が安定した状態にあるのが、コンディションのよい肌状態です。肌が乾燥している、あるいは逆に皮脂が多いと感じたときには、肌を適度に潤わせておくことを目指しましょう。そのためには、スキンケア用品で肌をちょうどよい水分状態に整えるのが効果的です。無理に油脂分を落とそうとせず、肌をやさしく潤わせておくことが大切です。


☆関連記事☆

  1. ニキビと皮脂の関係
  2. ニキビはなぜできる?
  3. 皮脂分泌を整える方法